現在放送中!

-

次の番組

-

CAMPUS AMENITY

キャンパス・アメニティ

FM-N1で工大生が番組制作。新入生歓迎!!~KIT WAVEプロジェクトから学生3人が出演~

160521amenity (1).JPG

金沢工業大学  WAVEプロジェクト 

リーダー中島 慎悟(なかじま・しんご)さん、狩谷 晋治(かりや・しんじ)さん、

山﨑 歩輝(やまざき・いぶき)さん

 
 5月21日は、金沢工業大学WAVEプロジェクトから3人の学生が出演します。FM-N1で生放送を中心に年間500時間以上もの番組を制作するこのプロジェクト。「KITにいろんなプロジェクトがありますが、公共の電波で自分の制作した番組や声が流れるのは、WAVEプロジェクトでしか、それも学生のうちにしかできません。そう思って入りました」と話すのは、リーダーの中島慎悟さんです。現在、自分たちが制作している番組の紹介をはじめ、アーティストを招いて開催するKITシラバス・ライブなどについて聴きました。

 
選曲:

KEYTALK「フィクション・エスケープ」、ロードオブメジャー「さらば碧き面影」、黒木渚「革命」、サンセットスウィッシュ「マイペース」

全国優勝し6月の世界大会へ!~夢考房WinKIT@DKTから2人出演~

160514amenity (3).JPG

金沢工業大学 夢考房WinkKIT@ホームDKT 

永島 一輝(ながしま・かずき)さん・榎本 光洋(えのもと・こうよう)さん

 
 5月14日は、金沢工業大学夢考房「WinkKIT@ホームDKT」の2人の工大生が出演します。3月に開催された自律ロボットの全国大会「ロボカップ@ホーム」エデュケーションリーグで初優勝を果たし、6月にドイツで開かれる世界大会に出場します。「先輩たちが残してくれたロボットが素晴らしく、そのおかげで優勝できました」と喜び、冷静に勝因を分析しています。また、「大会前に夜遅くまで残って付き合ってくれた指導教官の出村公成教授に本当に感謝しています」と話す2人です。

 
選曲:

島谷ひとみ「亜麻色の髪の乙女」、Uverworld「The Over」、la pompon「運命のルーレット廻して」、Uverworld「RIVERS!」

地元企業にアプリを開発して地域に貢献~KITスマートフォン・アプリ開発プロジェクト~

160507amenity (2).JPG

金沢工業大学 スマートフォン・アプリ開発プロジェクト 

リーダー・榛葉 雄己(しんば・ゆうき)さん紺谷 和正(こんたに・かずまさ)さん

 
 5月7日は、金沢工業大学スマートフォン・アプリ開発プロジェクトから2人の学生が出演します。以前は「アンドロイド・アプリ開発プロジェクト」として活動していましたが、iPhoneも手掛けるようになり、現在の名前に改称しました。12号館のアントレプレナーズ・ラボを拠点に活動し、地元企業のためにアプリを開発する一方で、他のプロジェクト学生とも仲良く交流しています。今の技術を高めて、「東京の情報系の会社で働きたい」「ゲーム・ソフトを作ってみたい」と、将来の夢を膨らませる2人です。

 
選曲:

ダフト・パンク「ハーダー・ベター・ファースター・ストロンガー」「ルーズ・ユアセルフ・トゥ・ダンス」、カルヴィン・ハリス「ブレイム feat.ジョン・ニューマン」、ケミストリー「ウィングス・オブ・ワーズ」

名勝・白山平泉寺の27代目です~金沢高専講師・平泉紀房さん~

160430amenity (2).JPG

金沢工業高等専門学校

講師・    平泉 紀房(ひらいずみ・のりふさ)さん

 
 4月30日の出演は、金沢高専で歴史を教える平泉紀房講師です。平泉さんの実家は福井県勝山市にある名勝・白山平泉寺。平泉さんはその第27代に当たります。曽祖父の澄さんは中世史の泰斗、そして、祖父・洸さん、父・隆房さん(KIT教授)と研究が受け継がれています。「中世史を学ぶことが代々の家業のようになりましたが、実は高校時代ぐらいまでは歴史が苦手でした」と意外な話を。「理系が得意科目でした。その中で、漢文が好きでしたから自然と歴史に興味を持つようになりました」と話します。父・平泉隆房教授からいただいた歴史漫画本「白山平泉寺物語」を手元に置いてインタビューしました。

 
選曲:

スタジオジブリ映画作品から、荒井由実「ひこうき雲」(風立ちぬ)、二階堂和美「いのちの記憶」(かぐや姫の物語)、手島葵「ざよならの夏~コクリコ坂から~」(コクリコ坂)

大好きなライブに行けないのが残念~KIT村尾俊幸講師(ロボティクス学科)

160423amenity (2).JPG

金沢工業大学 機械系 ロボティクス学科

講師・博士(工学)  村尾 俊幸(むらお・としゆき)さん


 4月23日は、金沢工業大学ロボティクス学科講師の村尾俊幸さんです。

 舞鶴出身の村尾さんは金沢大学と同大学院を経て、昨年、KITに着任しました。「10年ぶりに石川県に戻ってきましたが、学生時代は車を持っていなかったので野々市周辺のことはほとんど知りませんでした。今は車を持地、野々市、石川県内の行楽や食べ物を家族で満喫しようと思っています」と村尾さん。専門の制御工学をはじめ、ライブ参加(今まで40回近く)や音楽鑑賞、スポーツ観戦など幅広い趣味などについてうかがいました。

 
選曲:

ボウイ「クラウディ・ハート」、B's「ブローイン」、アジアン・カンフー・ジェネレーション「ソラニン」、バック・ナンバー「恋」

創造提案プロジェクトやイングリッシュ・キャンプに全力~建築学科4年・若田翔太郎さん~

160416amenity (3).JPG

金沢工業大学 COCエコハウス創造提案活動プロジェクト

環境建築学部 建築学科4年・若田翔太郎(わかた・しょうたろう)さん

 
 4月16日の出演は、金沢工業大学建築学科4年の若田翔太郎さんです。

若田さんは垂水研究室に所属し、COCエコハウス創造提案活動プロジェクトに参加しています。今年はエコハウスをテーマにして、効果的な暖房について研究しました。プロジェクトの活動拠点は12号館アントレプレナーズ・ラボ。すでに就職も決まり、「自分のプロジェクト以外の学生とも仲良くなり、充実した学生生活を過ごしています。環境の整ったKITで後輩たちも頑張って欲しい」と若田さんはエールを贈ります。

 
選曲:

ONEOKROCK「ビー・ザ・ライト」、WANIMA「トレース」「THANX」、ザ・ルースレス「ワンデー」

野々市の特産品PRに貢献~KITヤーコン・プロジェクトの学生が出演~

160409amenity (3).JPG

金沢工業大学ヤーコン・プロジェクト

経営情報学科4年・河合一樹さん(かわい・かずき)さん=リーダー=、

同・梅澤佑太(うめざわ・ゆうた)さん、応用バイオ学科4年・河上春樹(かわかみ・はるき)さん

 
 4月9日は、金沢工業大学ヤーコン・プロジェクトから3人の学生が出演します。

南米アンデスが原産地のヤーコンは、最近、健康野菜として脚光を浴びています。野々市市内の農家がヤーコンを地域の特産物にしようと活発に活動しています。これを受けて、地域に貢献する学生プロジェクトが立ち上がり、去る2月下旬には「野々市ヤーコン・サミット」がイノベーション・ホールで開催され、学生が研究成果を発表しました。ヤーコン・プロジェクトの取り組みをお聴きしました。

 

選曲:

根本美恵子「ヤーコンで今日は!」、スキマスイッチ「全力少年」、バックナンバー「高嶺の花子さん」、アジアン・カンフー・ジェネレーション「迷子犬と雨のビート」

地域と一緒に仕事に取り組みたい~KIT情報経営学科の齋藤正史教授~

160402amenity (2).JPG

金沢工業大学 情報フロンティア系 経営情報学科

教授・博士(情報科学)     齋藤 正史(さいとう・まさし)さん

 
 4月2日の出演は、金沢工業大学経営情報学科の教授・齋藤正史さんです。

三菱電機出身の齋藤さんは研究所勤めが長く、研究員として通算6年間、アメリカに企業留学しました。その貴重な体験をお聴きするほか、ヨットやパラグライダー、スノーボード、ジャズ音楽鑑賞など多彩な趣味についても触れます。「地域と一緒に仕事をしていたい」と着任2年目の抱負を話します。また、リクエスト曲は、工大生へのメッセージをこめて選びました。

選曲:
ハービー・ハンコック「メイデン・ボヤージュ(処女航海)」、マイルス・デイビス「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」(アルバム「リラクシン」から)、ランキン・タクシー「さよなら好きになった人」

外国人の病院受診を助けるアプリを開発~金沢高専・能美龍星さん・菊田星さん~

160326amenity (2).JPG

金沢工業高等専門学校グローバル情報工学科5年・能美 龍星(のみ・りゅうせい)さん、菊田 星(きくた・あかり)さん

 
 3月26日の出演は、金沢高専グローバル情報工学科5年の能美龍星さんと菊田星さんです。二人はこのほど、野々市市や周辺の病院で外国人が簡単に受診できるようにスマートフォンのアプリを開発しました。市への地域貢献プラグラムとして取り組んだもので、病院や医院の地域別検索や症状の伝達などを英語と日本語で併記し、外国人の患者が日本人の医療従事者とスムーズに意思疎通ができる優れたツールです。進学、就職とそれぞれ進路が決まっている二人に、開発の経緯や苦労した点、5年間過ごした高専のキャンパス・ライフなどをお聴きしました。

 

選曲:
バンプ・オブ・チキン「ハロー・ワールド」、カーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」、チャーリー・プース「ワン・コール・ウェイ」、大原櫻子「瞳」

全国高校情報処理選手権で優勝した西野君が先生役~金沢高専SandBoxの仲間たちが出演~

金沢工業高等専門学校 SandBox(高校

160319amenity (1).JPG

情報処理選手権出場チーム)

グローバル情報工学科3年・西野 裕貴(にしの・ひろき)さん、松原 彩華(まつばら・あやか)さん、同2年・山本 皓貴(やまもと・こうき)さん

 
 3月19日の出演は、昨年、全国高校情報処理選手権に出場した3人の金沢高専生です。ふだんは金沢高専の教室・通称SandBoxでコンピュータ・システムやプログラミングなどを学び合っている3人ですが、リーダー格の西野裕貴が見事、全国1位に輝きました。物心つく頃からパソコンでさわっていたという西野さんとは反対に、パソコンが苦手だからSandBoxに加わったという学生もいて、それぞれに将来を見据えた高専生活を送っています。今後の目標、抱負などをお聴きしました。

 

選曲:
capsule「スターリー・スカイ」「ジャンパー」、テレサ・テン「つぐない」、ZARD「眠れない夜を抱いて」

Dream Forever