現在放送中!

-

次の番組

-

CAMPUS AMENITY

キャンパス・アメニティ

2016年12月

全国に誇る複合材料研究の拠点です~金沢工大ICC研究員の附木貴行さん~

161231amenity.JPG

金沢工業大学 ICC革新複合材料研究開発センター

研究員        附木 貴行(つけぎ・たかゆき)さん

 

 12月31日の出演は、金沢工業大学ICC(革新複合材料研究開発センター)の研究員・附木貴行さんです。高岡市の出身で、KIT、及び大学院OBの附木さんは他大学の研究員を経て、2年前に母校に戻ってきました。在学中に「鉄に代わる新しい素材に興味を持ち、簡単に分解できるプラスティックを研究するようになりました」と、専門に取り組んだきっかけを話します。所属するICCを「研究の内容、設備の規模とも全国に例のない施設です」と教えてくれました。

 
選曲:

BRADIO「スパイシーマドンナ」、オズ「ディスコレーション」、中島美嘉「スターズ」、フレデリック「オンリー・ワンダー」

セールス・エンジニアとして長らく海外駐在~KIT教授・吉田正就さん(プロジェクト教育センター)~

161224amenity.JPG

金沢工業大学 基礎教育課程 プロジェクト教育センター

教授         吉田 正就(よしだ・まさなり)さん

 

 12月24日の出演は、金沢工業大学プロジェクト教育センター教授の吉田正就さんです。前職の株式会社不二越では、アメリカ駐在員を務めたほか、20近くの国と地域を飛び回りました。今年2月、KITに着任し、「ものづくりの基本である人づくりに携わることができて光栄です」と話します。海外では仕事の後、心と体を癒してくれたのがその土地のアルコール類。これまでのベスト3は?の問いに「フランスで味わったワイン、アイルランドで飲んだギネス・ビール、あとは…」。それぞれの国での体験と共に語ってくれました。

 
選曲:

フランク・シナトラ「マイ・ウェイ」、ビートルズ「ザ・ロング&ワインディング・ロード」、中島みゆき「糸」、サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」

BoP(ベース・オブ・ピラミッド)で地域と世界に貢献~KIT平本督太郎講師(経営情報学科)~

161217amenity (3).JPG

金沢工業大学 情報フロンティア学部 経営情報学科 

講師・博士(メディアデザイン学) 

平本 督太郎(ひらもと・とくたろう)さん

 

 12月17日の出演は、金沢工業大学経営情報学科講師の平本督太郎さんです。野村総合研究所出身の平本さんの専門はBoP(ベース・オブ・ザ・ピラミッド)。途上国の貧困を解決するビジネスとして最近脚光を浴び、金沢市の会宝産業がその成功例として世界から注目されています。このほどBoPの新著を出版し、また、「フォーブス・ジャパン」にコラムを連載している平本さんに、BoPの最新情報をはじめ、KITに着任して1年目の感想などをお聴きしました。

 
選曲:

MISIA「Everything」、バッハ「ゴールドベルグ変奏曲」(ピアノ演奏 グレン・グールド)、ジャック・ジョンソン「ベター・トゥゲザー」、フランク・シナトラ「マイ・ウェイ」

麹菌で地域貢献。皇太子殿下は音楽仲間~KIT講師・相良純一さん(応用バイオ学科)

161210amenity.JPG

金沢工業大学 バイオ・化学系 応用バイオ学科 

講師・博士(農学)    相良 純一(さがら・じゅんいち)さん

 

 12月10日の出演は、金沢工業大学応用バイオ学科の講師・相良純一さんです。専門は生命情報科学で、KITでは麹菌を研究し、「麹菌の恩恵が多いここ石川に地域貢献したい」と励んでいます。母校の学習院大学オーケストラでコントラバスを弾いていた相良さん。今も時折、OBオーケストラに顔を出しています。「東京を離れた今はなかなか参加できませんが、皇太子殿下や加賀前田家の子孫と演奏をご一緒することもありました」などのエピソードを語ってくれました。

 
選曲:

中島みゆき「麦の唄」、映画「風と共に去りぬ」から「タラのテーマ」、ザ・ブルーハーツ「泣かないで恋人よ」、浦和レッズ・オフィシャル・サポーターズ・ソング「WE ARE DIAMONDS(SAILING)」

英語嫌いの気持ちがよく分かります。私がそうでしたから~KIT講師・山﨑亜矢さん(英語教育課程)

161203amenity (1).JPG

金沢工業大学 英語教育課程 講師     山﨑 亜矢(やまさき・あや)さん

 

 12月3日の出演は、金沢工業大学英語教育課程講師の山﨑亜矢さんです。南国土佐は高知県の出身で、セント・マイケルズ大学を経て、3年前にKITに着任した山﨑さん。意外にも「中学時代まで英語は苦手でした。高校から好きになり、将来は英語の先生になりたい」と思ったそうです。それだけに英語嫌いの学生の気持ちがよく分かり、「好きな洋画を何回も観たり、洋楽を聴いて歌詞の意味を知るなど、いろんな上達の方法があります。自分に合うやり方を見つけると英語が楽しくなります」と、笑顔で語ってくれました。

 
選曲:

AI「ストーリー」、クリスティナ・ペリー「ヒューマン」、ジャスティン・ビーバー「ベイビー・フィーチャリング・リュダクリス」、アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」

Dream Forever